オークファンで検索しても見つからない!? 正しい検索の仕方を説明します!

こんにちは。
里井です。

 

以前にオークファンでの相場の見方
の記事を書きました。

今回はオークファンでの
正しい検索の仕方を説明します。

 

カメラ転売の良い所は
初心者でもカメラの
見分けがしやすい事です。

カメラを触った事がある人は
わかると思いますが、

カメラには品番があり、
アルファベットと数字が
書かれています。

フィギアや洋服
ブランド物のバックは
物を見ただけでは
品番や品名がわからないので、
商品を見分けるのに知識が必要です。

 

その点、カメラは
記載されてる品番で
見分ける事ができるので、
カメラの知識がない方でも
始める事ができます。

今回はカメラ転売の基礎を説明します。
5つのポイントを覚えて効率よく仕入れをしましょう。

 

1.アルファベット記号で検索しよう

どういう事かといいますと、
ニコン  → NIKON
キャノン → CANON

上記の様にカタカナではなく
アルファベット記号で検索が基本となります。

またオークファンでは大文字・小文字の区別はされませんので
どちらで検索しても問題ありません。

 

2.スペースを活用しよう

例えば写真のレンズを検索する時は
ricohxrrikenon50mm1:2ではなく
ricoh xr rikenon 50mm F2  が正解です。

スペースを空けないと一つの単語と
認識されてしまうので気をつけましょう。
また 1:2 の部分はF2に
置き換えて検索する事をオススメします!

 

3.除外ワードを使いこなそう

Panasonic LUMIX GX7を検索しようとすると、
Panasonic LUMIX GX7 MARK IIも検索されます。

そう様な場合は「-除外したいワード」を入れる事で
検索対象から外す事ができます。

この場合だと「-MARK II」ですね。

 

4.検索期間を上手く活用しよう

検索を行って表示されるのは
直近の30日間のみです。

検索されない場合は3ヶ月、6ヶ月、1年など
検索期間を広げてみましょう!

ただし、5年、 10年など長くすると
相場が現在と変わっている可能性があるので、
注意が必要です。

 

5.価格が高い順に並びかえよう
商品を検索したら価格が高い順に
並び変える事で相場が見やすくなります。

 

以上5つのポイントを押さえて
効率よく検索していきましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください