転売で「カメラ」が儲かる理由を丁寧に解説します

こんにちは。
里井です。

僕はこのブログを通じて
カメラ転売での稼ぎ方、実績、マインドを
紹介してきました。

 

でもこのブログを見てカメラって儲かるの??
そう思う方もいますよね!!

今回はなぜカメラなのか改めて
振り返って見たいと思います。

 

1.中古カメラ市場は巨大なマーケット規模

中古カメラのマーケットは、約1兆円といわれています。新品のカメラの
マーケット規模が約2兆円なので、新品カメラと中古カメラを合わせると
3兆円の大規模な市場になります。

金額が大きすぎて想像がつかないですよね。笑
しかも国内外問わずカメラ愛好家は
老若男女問わず根強く存在しており、
非常に安定したマーケットといえます。

 

2.日本のカメラは圧倒的な世界シェアNo.1

以前の日本の製造業がトップシェアだった商品は、
テレビ、白物家電、メモリ、カーナビなど様々ありましたが、

中国、韓国やその他、新興国の台頭により、
現在では大きくシェアを落としてしまっています。

そんな中、カメラ分野では日本は圧倒的な世界シェアNo.1です。
一眼レフカメラ日本シェアはなんと99%です。

日本に来る外国人観光客を
見かけても一眼レフカメラを
持ち歩いている方々の

ほとんどがCanon やNikonなど
日本製のカメラであることからもこのシェア
は納得のいく数字だと思います。

カメラ屋にいくと外国人が沢山
いるのも納得できますね。

 

3.需要が安定していて商品回転が早い

転売で一番のリスクは、商品を仕入したのに
その商品が売れなく不良在庫を抱えることです。

資金が滞ることにより資金繰りが厳しくなりますし、
それにより次の仕入を行うことができなくなってしまいます。

カメラ転売では、商品に適正な値段を設定すればすぐに売れていきます。
出品して1~3日で売れるということはよくありますし、

人気商品だと出品して10分で売れてしまうこともあります。
非常に資金効率の良いビジネスです。

 

4.高利益の為効率が良い

カメラ転売は一個あたりの利益が高いため、利益効率が非常に良いです。

1つ売って1万円以上稼ぐ事も簡単です。
僕は一つのカメラで12万円の利益を出した事もあります。

 

5.初期投資費用が少ない

ビジネスを始めるにあたって初期投資は必ず必要になってきます。
例えばラーメン店をはじめる場合、新規飲食店の開業資金平均は
約800万円と言われています。

 

対して、カメラ転売は初期投資が必要ありません。
しいて言うならインターネット代ぐらいです。

また、カメラというと高価なイメージがありますが、中古カメラの場合、
安価な商品から高価な商品まで本当に様々です。

商品価格が元々安いもので、状態があまり良くないものだと
数千円で買えるものも多くあります。

低単価な商品を狙って転売をしていくのであれば、
小資金からでも十分にスタートすることができます。

 

6.カメラには偽物が存在しない

バックや時計の転売でネックになるのが、
本物のブランド物商品と、偽物との目利きです。

カメラに関しては基本的に偽物商品が存在しません。

非常に精巧な作りになっているので、価格と比較して、その商品を

コピーする労力と費用が見合わないということだと思います。

偽物をを作れるくらいなら、
メーカーを立ち上げた方が儲かります。

 

7.省スペースで在庫管理が容易

カメラは大きいものでもたかが知れていますし、大半のものは
60サイズ程度の非常に小ぶりなサイズのものです。

スペースが限られる
自宅での副業にもピッタリです!

 

カメラ転売が儲かる理由をまとめて見ました。
最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください