高利益を生み出すセット売りを説明いたします。

こんにちは。
里井です。

今回は利益が出ないカメラでも高利益を
出す事ができちゃうセット売りを説明いたします。

 

アポペンの法則

ピコ太郎さんに用いて考案した法則です。笑

既存の物に+αをする事で新たな価値を
生み出す事ができてしまうんです。

 

カメラ転売で説明すると
単体のカメラボディにレンズを
付属品で付けて売る事です。

 

実際に例を出して説明したいと思います。

CANON EOS KISS X7 ボディ
を21880円で仕入れました。

ボディ単体の相場が25000前後と
ヤフオクの手数料を考えると
利益が微妙なラインです。

そこで焦点距離が異なるレンズ
2つを仕入れしました。

CANON EF 80-200mm F4.5-5.6 USM 500円
CANON EF 28-80mm F3.5-5.6 IV USM 1000円
それをレンズ2つセット売りします。

CANON キャノン EOS KISS X7 ボディ
Wズームレンズセット

レンズとボディ合わせて
仕入れ値23380円

34800円で売れました。
手数料差し引いて
利益約8700円です!

もう一つご紹介いたします。

 

SONY α33 ボディ 9800円で
仕入れしました。

ボディ単体の相場が10000前後ですが、
2つセットで売るだけで、利益が大きく膨らみます。

MINOLTA AF 75-300mm F4.5-5.6 480円
MINOLTA AF 28-105mm F3.5-4.5 580円

SONY ソニー α33 ボディ Wズームレンズセット
10860円が

16980円で売れました。

手数料を差し引いて
利益約5000円です!

以上がアポペンの法則でした。
ボディだけでは利益が出ない時に
ぜひ試してみてくださいね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください