上原浩治に学ぶ一本を磨く事の大切さ

こんにちは
里井です。

 

ここ最近は錯綜
しております、、、

 

誰もが通る道
なのでしょうか

 

12月に100万円稼いでから
スランプです、、、

 

少しのズレが
大きくなっていくのかなと

改めて今見つめ直す
時なのかなと

 

今日は上原浩治さんに
習う一本の武器を磨くです!

 

野球が好きな人なら
誰もが知っている
メジャーでも活躍された
有名選手です。

彼の特徴は持ち玉が少ない!

ストレート
スライダー
フォーク

だったかな!?

現代の野球でしたら
少ないです。

 

それでも
日本球界だけでなく
メジャーリーグでも活躍した

 

それは一つの武器を
磨き続けたからなんです!

 

上原浩治投手の球速はさほど速くありません。

140キロくらいのストレートで
プロ野球の中では特別速いわけでは
ありません。

メジャーでは160キロのストレートを
投げる投手もたくさんいるので、

その中で140キロのストレートで
戦ってきたことは驚異的だと
思います。

 

でも何故それでも通用するのか?
それは質を磨き続けたから

 

打者から見たら手元で浮くような
球を投げる

スピードではなく
ひたすらキレに
拘っている

 

カメラ転売で言うと
仕入れの質を磨き続ける

 

ここが僕の課題なんです。。。

はー。。。

もっと磨かないとなー

 

こんな気持ちです!

里井もスランプですw

 

でもでも
上原選手さえも
迷っていた時期が
ありました。

 

これが

もみあげこんなん

うん、、、
けっこう迷ってるねw

上原選手でも
路頭に迷うと思えば
なんか安心しましたw

 

僕も迷うだけ迷おう!!
そう決意しました!

 

ではこの辺で!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください