カメラレンズのマウントの見分け方

こんにちは
里井です

今日はカメラのレンズの見分け方を
ご紹介いたします。

キャノンやニコンなどのカメラメーカーが作るレンズは
自分のメーカーにしか使用できないのですが、

(キャノンのレンズはキャノンのカメラに)
(ニコンのレンズはニコンのカメラに)

SIGMAやTAMRONの用な
レンズメーカーは各カメラメーカー毎に
レンズを製造しています。

カメラ屋で仕入れする場合は
メーカー名まで書いている事が多いですが、


キャノン用
ニコン用
ミノルタ用、、、、などなど

でも自分でメーカーの見分けが
できる様になる事が大切です。

今回はレンズのマウントで見る
メーカー毎の違いをご紹介したいと思います。

NIKON 用レンズのマウントの違い

マウントの上の部分に4つの出っ張りがあります。
(赤く囲んだ部分)

これがNIKONのレンズの特徴です!

PENTAX 用レンズのマウントの違い

赤く囲んだ部分が特徴です!
これがPENTAX用のレンズのマウントになります!

MINOLTA用 レンズのマウントの違い

赤く囲んだ部分が特徴です。
これがMINOLTA用のレンズのマウントになります!

CANON 用 レンズのマウントの違い

赤く囲んだ部分が特徴です!
ミノルタ用と間違えやすいので
仕入れをする際は気をつけましょう!

以上がマウントで見る
メーカー毎のレンズの違いでした!

商品の型番が一緒でもメーカーによって
相場が大きく変わることもあるので、

仕入れをする際は注意しましょう!!!

では!
今日はこの辺で!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください