【転売・情報発信】外注を進めるにあたっての考えるべきポイント!

こんにちは
里井です

今回は外注化をするにあたって
考えるべきポイントをトモ君と
対談いたしました。

これから外注化っていうことも含めて、
例えば身内の転売塾の塾生にも
お願いすることは増えると思うんですよ。

でも、いつまでも検品してもらうよりは
自分で仕入れた方が成長は早いんじゃないか
と思うのでそこと通じる部分があると思う。

自分のことをブログで書いたほうが
絶対成長が早いじゃないですか?

そこに対してのお金の払い方と向き合い方
というか、「俺だけ得しちゃうんじゃないか」
という所をふと思ったりしてしまう。

そこに違和感を感じているわけですね?

はい

なるほど、他には?

あと、本人は本当はそれじゃなくて
例えば『動画の編集がやりたかったんじゃないか』とか。
「やりたくないことを流れでお願い
しちゃってるんじゃないか」
というところの、
その違和感の2つですね。

なるほど。僕が聞いていて思ったのは、
『全然いいんじゃないかな』と一つ思えた。
とりあえず色々なことを任せていいんじゃないか。

感じている違和感はわかるので、
最初は回数を例えば『5回だけ』とか、
『3回だけ』とか決めてそれまではやってもらって。

それからフィードバックをもらって、
『今回はこんな感じでしたけど、
今後もやってみますか?』
っていう風に
線引きを決めて、小さく塾内でやってみる
っていうのがいいんじゃないかと思います。

『自分が想像していたのとやっぱり違うな』とか、
『もっとこうした方が色などつけて
オシャレな編集がしたい』とか。

やってる側が気付けると思うし、
それもディスカバーできると思うので、
そういう意味でいいと思う。

むしろいいきっかけになると思う気がしますね。

そうか。そうっすね。
終わりを設定するのが大事だなと今思いましたね。

それもめっちゃ短い期間で
お試しだと思うんですよ。

長期で考えて1年とか2年とか、
半年とかでも考えちゃうと
申し訳ないと思っちゃうと思うんですけど。

もうここは『10人くらい試して1人ヒットすればいい』
かなくらいだと思うんですよ。

本当にそれ以前のステップで
塾内でササッとやって、
本格的にやるんだったらやっぱり外部に
任せた方がいい気がしますね。

なるほどですね。

ちなみに塾内で『もっとやりたいぜ』っていう人には
もちろん任せていいかなと思いました。

なるほど、わかりました。

大丈夫そうですか?

そこがどうしよっかなあと迷ってて。
でもやっぱり、ありがとうございます。
人は貢献欲求もあるなと思うと、
何か仕事をしてもらって何かを感じる人もいるだろうし。

うんうん。
全然みんなやりたいと思ってますよ
さとひろさんのイメージよりは。

そうか

『何でもいいからキャッシュ作りたい』
というのもあると思うんで。

はいはい。

任しちゃっていいと思います。
で、お互い線引きを決めて

なるほど。

このコワーキングスペースの
あれじゃないですけど。

事務所も1ヶ月の線引きじゃないですか。
自由退席いいよって皆に言っているから、
別に何のあれもなくできている。

それを同じようにやれば
いいんじゃないかと思います。

なるほど、わかりました。

大丈夫ですかね。

すごい、いい感じの答え頂き
ありがとうございます。

以上が対談内容になります。

まとめ

まずやってみる
期限を設けてみる
やりたいって人がいる(人によって価値観が違う)

自分の作業を外注や
アルバイトを雇う時など

人に任せる事に抵抗や申し訳なさを
感じる方
の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください