【送料節約術】せどり・転売で送料を安くする方法を紹介!!

こんにちは

里井です。

 

カメラ転売で発送作業の際、

こんな悩みがあるかと思います。

 

「発送するのに少しでも送料を安くしたい!」

「どこかで個別契約したいけど、どの運送会社が良いの?」

 

発送個数が多くなると、とても面倒で、

送料もバカにならないですよね。

 

カメラ転売を始める前は、

元運送会社で法人向けの営業をしていました。

 

その経験から、オススメの運送会社、送料を安くする方法

ご紹介したいと思います!

 

慣れていない初心者の方でも、

すぐに実践できるので、

是非、ご一読下さい!

 

 

カメラ転売は個別契約をするのがオススメ!

カメラの発送が増えてきたら、

個別契約するのがオススメです。

 

わざわざ持ち込む手間が省けるので、

発送作業がだいぶ楽になります!

 

また、一括でまとめて支払うので、

資金管理や確定申告の際、計算が楽になります!

 

見積りを取るだけでも可能なので、

検討中の方は、近くの運送会社に確認してみて下さい!

 

 

元運送会社が知ってるマル秘事情

月20-30個の発送からでも、

積極的に活用することをオススメします!

 

まだ集荷個数が少なくても、

運送会社側の立場から見ると、すごくありがたいです。

年間のトータルで判断するので、

月20-30個の発送でも、年間240個、360個となります。

 

元々僕が働いていた部署は、

中小企業や個人事業主に力をいれており、

総合的なシェアの獲得を目指していました。

 

運送会社側にもプラスになるので、

まだ個数が少ない方でも

積極的に活用してみて下さい!

 

 

発送で送料を安くする方法

主な運送会社は3社あります。

各社では送料から、以下の割引方法があります。

 

  • ヤマト運輸

「クロネコメンバー割」「デジタル割」「持ち込み割」

  • ゆうパック

「持ち込み割」「同一宛先割」「スマホ割」

  • 佐川急便

「持ち込み割」

 

個別契約の際は、それぞれ輸送システムや集荷形態が違いますが、

年間発送する個数によって、

1個あたりの送料が変わります。

 

総合的にオススメするのは「ヤマト運輸」

送料コストが安ければ「ゆうパックか佐川急便」

がおすすめです!

 

 

値引き交渉をしてみよう

個別契約の際は「あいみつ」で取ることをおすすめします。

あいみつとは、複数の業者から見積もりを取ることです。

 

それぞれ比較して運送会社に、

「●●の運送会社はこの送料で、これより値下げできませんか?」

と交渉することで、送料が安くなる場合があります。

 

 

実は「着払い」も値引きすることができます。

ゆうパックのみで取り扱っており、

ヤマト運輸と佐川急便は取り扱っていません。

 

ただ集荷の際に、

直接言っても現場の配達員は

知らない可能性があるので、

営業の方に直接交渉してみましょう!

 

 

発送代行サービスを使うのもオススメ!

もし売上が伸びて、出荷数が増えれば、

発送代行サービスもオススメです!

 

メリット、デメリットは以下になります。

メリット

  • 仕入れの作業に集中できる
  • 在庫スペースを確保せずに済む
  • 作業時間が短くなり、圧倒的に楽になる

デメリット 

  • 料金が発生する
  • 在庫の管理が大変
  • 在庫が増えると、料金も高くなる

 

初心者のうちは、発送代行サービスをオススメしません。

利益が出ていないのに、コストだけがかかり赤字になるからです。

 

出荷作業で、人手が足りないと思ったときに、

手段の一つとして覚えておきましょう!

 

 

まとめ

今回は大きく5つにまとめてあります。

  • 月20個以上から個別契約をしよう
  • 各社の割引サービスで送料は安くできる
  • 契約の交渉次第で、送料は安くできる
  • 利益が増えれば、発送代行サービスを活用
  • 総合的にヤマト運輸がオススメ

送料を含めた経費の見直しは、大事な要素の一つです。

トータルで送料が下がれば、利益の伸びも変わってきます。

 

今後のカメラ転売の利益を大きくするために、

送料の見直しも検討しましょう!

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください