ストレスフリーになってええんやで!

こんにちは
里井です。



今日は会社に出社する概念が無くなったら

ストレスフリーになったについてお話をしたいと思います。



カメラ転売で起業をした事で好きな時間に起き、

自分の気分で休みを設定する事が出来るようになったからです。

 

新緑が美しい初夏の出来事です。

朝から涼しい風が吹き太陽の光も気持ちいい朝でした。

 



「散歩して日を浴びたい!!」

 

そう思って、朝の7時に家を出て

愛犬と散歩にいきました。



僕の住んでいる場所は

神奈川でも田舎のほうで

 

目の前に畑があったり近くに川が流れたりと

自然と触れ合える環境に住んでいる



「最高の天気やなぁ〜」



朝の太陽を浴びて

朗らかな気持ちで歩いていると

変な違和感を感じてしまった。



周りを歩いている人のどんよりとした空気

背中から滲み出る会社に行きたくない雰囲気と

 

気温、心地いい風、太陽の光

全てが完璧な最高のロケーションと相反する負のオーラ



水と油ぐらいに相性が悪く

違和感を感じてしまった。



小学生の時って、

遠足や修学旅行にいく当日の朝は

ワクワクに溢れていました。



「俺はポケモンマスターになる!!」

と意気込んでマサラタウンを飛び出したように



「遠足にいくぜぇー!!」

と意気込んで家を飛び出した感覚って

大人になるにつれて無くなってました。



昔はバッティング練習が大好きで

ワクワクしながら練習をしていたのが

 

高校時代にはバッティングが苦手で

練習をしている自分に気がつきました。




いつからかワクワクする事から

苦手な事、嫌いな事を取り組むようになっていました。




人生100年時代と言われている中で

仕事は人生の22%を占めていると言われています。



一般的に社会人として働く22才から60才までの38年間を

どう過ごすかって人生を豊かに生きる上ではとても重要です。

 



好きな事や、やりがいのある仕事に前向きに取り組み

自ら稼ぐ力を勉強して起業をした

 

嫌いな仕事や苦手な作業、指示を待って思考停止で言われた事をこなす。

余計な仕事が来ないように定時が来るまで仕事をしているフリをする



どちらが充実した人生を過ごしていけるだろうか。




5時半に設定した目覚ましを止めて

眠気を覚ます為に熱いお風呂に入って無理やり目を覚まし

眠たい目を擦りながら会社に出社する。



里井もそんな会社員生活を送っていました。



「仕事が多すぎて終わらないよ。。。」

「体調が悪くても仕事が止まってしまうから会社に行かなきゃ。。。」

 

そう嘆きながらも始発の電車に乗り込んで

会社に向かっていました。



それから4年後の現在、

カメラ転売で起業をして在宅ワークで生計を立て

会社に出社するって概念が無くなりました。

 

自宅で仕事をしてもいいし、

夜更かしした次の日は昼過ぎに起きてもいいし

近所のカフェにパソコンを持って行って仕事をしてもいいし



場所や時間に制限が無いだけで

ストレスが圧倒的に少なくなりました。



とは言っても、

「いきなり起業するのはちょっと怖い。。。」

という方は副業でビジネスをする事をオススメします。



僕が会社員時代もカメラ転売を始めてから

会社の人間関係に依存しなくなりました。

 

「何かあったら会社を辞めて、独立してやる!!」

これぐらいの気持ちでいたら上司や厄介な先輩との

人間関係にも悩まなくなりました。



まずは小さな1歩を踏み出す事から

始めてみてはいかがでしょうか?



今日は会社に出社する概念が無くなったら
ストレスフリーになったについてお話をしました。




では!

今日はこの辺で!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください