単純に作業量不足です!

こんにちは
里井です。



結果が出ないなら単純に作業量を増やそう

についてお話をしたいと思います。

 

なぜなら、成果を出している人は

努力の基準値が高いからです。



高校の野球部時代の話です。

 

レギュラーで活躍していた人は

めちゃくちゃ努力をしていました。

 

素振り100回で満足していましたが、

 

活躍していた人は1番遅くまで残って

500回素振りをする。



僕がノックで50本受けたらなら

250本ぐらいボールを受ける



何が言いたいかと言うと

単純に僕の5倍努力をしていました。



「そりゃー結果出るわ!」と

納得してしまいましたし



才能やセンスで勝ち上がってきた人も

いるかと思いますが、



それはほんの一握りで、

努力が報われる公平な世界だなと思いました。




何事も最初は辛くて大変です。

 

自転車だって漕ぎ出しは力がいるけど、

一度流れに乗れば楽に進みます。



僕もカメラ転売を始めた最初の1ヶ月

成果が出るまでが大変でした。

 

でも1つカメラを仕入れ出来るようになって

一個カメラが売れて、、、



その最初の一歩を踏み出してから

段々と楽に稼げるようになりました。



1日中都内にあるカメラ屋を巡っても

仕入れが出来なかった僕が



今では30分あれば1日分の仕入れが

出来るようになりました。



今思うと最初の辛い経験を

乗り越えたから楽に感じるかもしれません。



このブログだって以前は

1記事書くのに4時間以上かかっていたのが

 

今では30分あれば書く事が出来るようになりました。



当然、慣れるまでは相当苦労しましたし

頭を捻って捻って使い倒した経験があったから

楽にかけるようになりました。



昔に書いた記事はひどいものでした。笑

以前書いた記事



努力した経験は自分の何よりも自信になるよ!



頑張った事は誰よりも自分が知っています。



野球部時代の練習を耐えた経験があるから

多少の辛い事があっても

 

「あの時の練習よりは楽だ!!」

と自分を鼓舞しています。



ぶっちゃけ野球部時代は同学年で1番下手でしたし、

努力が報われたとは思っていませんでした。



でも、今こうしてビジネスを自分でするようになって

粘り強く作業が出来るようになったのは

野球部の時の努力があったからだと思っています。




キングコングの西野さんが
近畿大学の卒業スピーチで

 

「報われない時は誰にでもある。

僕にもそんな時はあったでも大丈夫!

必ず報われる時がくる」



カメラ転売で稼げるように

なった今では

 

情報発信ビジネスで稼げるようになる事が

今の僕の目標であり、やりがいです。



部活を頑張ってきた経験

カメラ転売で結果を出せた経験

 

それを糧に日々精進していくのみです。



今日は、結果が出ないなら単純に作業量を増やそう

についてお話をしました。

 

最後までお読み頂き
ありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください