カメラ転売は知識の積み重ね

こんにちは

里井です。



今日はカメラ転売は知識の積み重ねで稼げるようになる!

についてお話をしたいと思います。



なぜなら一度販売した商品を何度も

売り買いすれば良いからです。

 

カメラ転売を始めて1ヶ月のTくん
仕入れの力が着実についてきます。

 


以前に仕入れた商品を見つけたら、
また同じ商品を仕入れればいいんです!

 

僕もこれらの商品は20回以上は売り買いをしてきました。



今ではカメラ屋に行ってこの商品を見つけただけで、

買いなのか。判断できる様になりました。



カメラ転売って英単語の勉強と一緒なんですよね。

会話の幅を広げるには英単語のボキャブラリーを増やす必要があります。



カメラの仕入れも「知っているカメラ」が増える事で
仕入れも短い時間で完結するし、
安定した利益を出す事が出来る様になります。




カメラは金と同じと考えよう



具体的に説明すると

カメラの価値って落ちないんですよね。

 

もちろんデジタルカメラなどで

新しいシリーズが出るものは値段が下がっていきます。



ですがLEICAやCONTAXのような
稀少なカメラはいつまで経っても価値が落ちる事がないんです。



CONTAXのカメラに関しては

カメラ転売を始めた4年前と比べても値段が高くなっています。



金と同じ様に資産価値が変わらない、もしくは高くなるもの

そういう認識でカメラを仕入れています。



先日仕入れた

ROLLEIFLEX 2.8 GX PLANAR

お店に入った瞬間にすぐに目が行きました!

 

「激アツの予感がする!!!」

そう思ってオークファンで検索したら


 

やっぱり激アツでした!!!
24万円で売れています!

「一個の商品で15万円利益が取れるかも!」




儲からない商品もわかる様になる



カメラ屋にいくと儲かる商品もあれば

儲からない商品もあります。



具体的に言うと、どんなに高く売れても
500円~1000円にしかならない
カメラも沢山あります。

 

カメラの売り買いを続けていくと、

儲かる商品も覚えますが、儲からない商品も覚えていきます。

 

知識を積み上げていく事で、

短い時間で大量のカメラを仕入れ出来るようになります。



カメラ転売を始めた頃は儲かる商品がどれか分からず

1日中カメラ屋を巡り、商品の検索をしていました。



「次こそは!!仕入れてやる!」

全く買えず悔しい思いをして家に帰った事もありました。



ですがカメラ転売を始めて4年が経ちました。

今ではカメラ屋に入ってショーケースを見ただけで

儲かる商品が分かるまでになりました。



これも知識の積み重ねて行ったからです。

 

英単語の様に1つ1つ売り買いを

経験してここまでの形となりました。



今、仕入れに悩んでいる人も

継続していけば知識が積み上がっていきます!



諦めずに継続していけば

必ず結果がついてきます!!



今日はカメラ転売は知識の積み重ねで稼げるようになる!

についてお話をしました。



最後までお読み頂きありがとうございました。



2 件のコメント

  • アナログって、デジタルカメラの発明で情勢が変わって来たと思いますが、中には希少価値が高いものもあるんですかね?通とされるような人は、扱いづらさに一種の自動車のような運転間隔と、愛好心を抱いたり、趣味にされている人も多いと思います。

    そうした、カメラというハードの知識の勉強による、商品の理解度と、どんな趣味や個人的な文化があるか、という、市場調査との違いも大切そうな気がしますね。頑張ってください。

    • 骨董品の様な価値がアナログのカメラにはあるのだと思います。
      経年劣化が魅力になるのもカメラの魅力なんだなと!

      ありがとうございます。
      これからも応援して頂けたら幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください