会社にバレない副業の始め方とは?

こんにちは

里井です。



今日はサラリーマンが副業でバイトをやっていたらなぜばれるのか?

についてお話をしたいと思います。



昨今、副業が主流となってきましたが、

会社によっては副業が禁止されている会社もあります。




結論から言うと、
副業はアルバイトではなく
自分で事業を始めよう!



そもそもなぜ副業が会社にばれてしまうのか?

 

マイナンバーからばれる・・・・?
税務署からのお達しでばれる・・・?
自分でうっかり喋ってばれる・・・?



実は、、、住民税でバレてしまうんです。



そもそもですが、僕らは日本に生活している以上

所得税と住民税を払わなければいけません。

 

・所得税とは国に治める税金

・住民税とは市町村に治める税金



ざっくり説明するとこんな感じです。




会社員と個人事業主の税金のはらい方も解説します。



個人事業主は自分から税金を報告します。

いわゆる確定申告です!



会社員は会社が税金を徴収して
国に支払ってくれます。


給料明細には「額面」と「手取り」

この2つの項目があります。

 

手取り金額は税金を
差し引いた金額の
事を言います。



例えば、

額面が35万、手取り28万だったとします。

これは税金を引いて28万円をあなたの銀行口座に振り込みますよ!

って事になります。



サラリーマンがバイトをした場合

本業で勤めた会社とバイト先の会社両方から
会社を通じて税金を支払います。



だけど常民勢だけは多く支払っている会社が
まとめて支払う事になっているんです。



ここでバレるんです!!
会社にバレると言うか、給料の計算をしている

経理にバレてしまうんです。



みんな同じ給料なのに、

1人だけ住民税が高いと、

 

「あれ?この人他でバイトしているな?」

とバレてしまうんです。



会社員時代の同僚で昼は本業、
夜は新聞配達をしている人がいました。

 

めっちゃ稼いでいたので

「羨ましいなー」と思っていましたが、

 

見事に経理の人にバレて処分をくらっていました。





サラリーマン+個人事業主の場合は?



会社は会社が税金を徴収する

個人事業主は自分で申告をする



だから理論上は会社にばれる事はありません。



確定申告をする際に

住民税のはらい方を2つ選べます。



  • 特別徴収
  • 普通徴収


特別徴収は働いている会社が

まとめて支払う事になります。


ですので、普通徴収を選びましょう!



普通徴収なら自分で申告をして支払うので

自分から喋らない限りバレる事はありません。



ここまでをまとめると

 

会社員+アルバイトはばれる
会社員+事業はバレない

 

という事になります。



副業をするならバイトではなく
自分でお金を稼ぐ手段を探しましょう!




副業ならカメラ転売がオススメ



僕自身、副業でカメラ転売を2年間していました。



副業開始3ヶ月目には月収10万円を稼げるようになり

そこから2年間は副業で20万円以上を安定して稼ぐようになりました。



そのまま会社員+個人事業主の形でも良かったのですが、

本業の給料よりもカメラ転売の収入が多くなった時から

独立を考えるようになりました。



結果としてカメラ転売を始めて2年半後に

独立をして現在はカメラ転売で生計を立てています。



今振り返っても副業を始めた時は

自分が独立して起業するとは思っていませんでした。



「副業で今よりも収入が増えたらいいな!」

これぐらいの気持ちでカメラ転売を始めました。



副業でバイトをすると会社にバレてしまいますが

カメラ転売を副業にするなら会社にバレません。



副業を本格的に始めようと考えている方の

参考になったら幸いです。



今日はサラリーマンが副業でバイトをやっていたらなぜばれるのか?

についてお話をしました。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください