教える力を身につけて、最高のギバーになろう!

こんにちは!
里井です!

今回は【教える力を身に付けよう】について発信していきたいと思います!

高校卒業と同時に郵便局に就職しました。
10年間勤務した後に起業して、
山あり谷ありですが、個人事業主として3年目を迎えました。



日経新聞の記事でこのような記事が書かれていました!
自分が得意分野の知識をオンラインや対面で教えて、副収入を得る人が増えています。

通勤不要の在宅時間が増え、時間ができたことも追い風。
自分が得意分野を教えると、こんなメリットがあるようです。

  • プレゼン能力が鍛えられる
  • 資料の作り方が勉強になる
  • 本業の仕事にも役に立っている

今回の記事について、僕が思ったことを詳しく解説していきます!

教えるメリットを3つ解説!

ここでは、教えるメリットを3つ解説していきたいと思います!

  • 教えるメリット1:ギブするスキルが身に付く
  • 教えるメリット2:教える事で自分の学びになる
  • 教えるメリット3:教える力が自分の稼ぐ力に変わる

教えるメリット1:ギブするスキルが身に付く


この本の中では世の中に3種類の人間がいることを解説しています。
「与える人のギバー」
「 奪う人のテイカー」
そして、
「 与える人と奪うことのバランスを取るマッチャー」

世の中の多くの人はマッチャーが多く、
場面に応じたギバー、もしくはテイカーになったりする人がいます。


何千人ものの人にいろんな業種で調査をした結果、
最高の結果を出した人は【ギバー】です。
教えると言う行為は、人に与える行為。

自分がテイカーだな、マッチャーだな
こういう人も与える回数が増えることで、ギバーよりに近くことができます。

しかし、見返りを求めすぎるとギバーになれません。
「これだけやったんだから返してくれるよね!」
親切心の裏に下心ミエミエの人は、
逆にいやらしく見えてしまい、ギバーの道は遠くなってしまいます。

僕は久しぶりに実家に帰ると、ゴロゴロしながら
「お母さんご飯は?」
とくつろいでばかりで、僕も親の前は立派なテイカーです笑

教えるメリット2:教えることで自分の学びが深まる

教えることで自分自身の学びが深まっていき、逆にこちらが教わるようになります。
僕の師匠がよく言っていた印象に残る言葉が、

「 さとちゃん!教えるようで教わるんだよ!」

その時は何を言っているのかよくわかりませんでした。
しかし、いざコンサルの立場に立ってその言葉の意味がよくわかりました。

相手と向き合うというか、一緒に走るとゆうか、
ノウハウや正しいことを言うだけでは、人は育たないなと、
教える立場になって、実感するようになりました。

「相手のモチベーションをどうやって保つか」
そこが大事なのではと思っています。

教えるメリット3:教える力が自分の稼ぐ力に変わる

どんなジャンルでも、教える人教わる人が存在します。
僕が今発信しているカメラ転売の情報もお金の稼ぎ方を教えています。

その他にも、勉強の仕方や筋トレ、料理、スポーツなど、
どんなコンテンツでも教わることができます。
だからこそみんなが発信するスキル教えるスキルを持っておいた方がいいと思っています。

情報発信ビジネスとは、自分の得意をSNSブログを通じて発信していくビジネス。
しかし、
「そんなこと言ったって得意な人に教えるようなスキル持ってませんー!」

そんな声も聞こえてきそうですが、大丈夫です。
人は皆必ず得意を持っています。

ついついやってしまうこと長年続けてきたこと、
自分のスキルをパソコンや紙に書き出してみるといいと思います。

ポイントはプロ並みにはできなくて大丈夫です。
人並み位のスキルがあれば、胸を張って発信しましょう。

例えば、料理教室に通いたいとした時も、
いきなり三つ星の一流シェフに教わるのは、めちゃくちゃハードルが高くないですか?

「今日の料理はイベリコ豚の燻製焼き、トマトのタルタルサフランソースをつくります!!」
と言われても、
「 ちょっとハードル高すぎ!包丁握り方から教えて!」
と叫びたくなると思います。

初心者は、ちょっと得意な人から教わりたいのです。
例えば、母親だったり、初心者向けの料理教室だったり。
ABCクッキングも料理を教える事をビジネスにしています。
そういう意味でも、教えるスキルを個人が持っていて、損はなさそうですね。

SNSを活用して自分のスキルを発信していこう

教えることの大切さがわかった!でも、発信の仕方がわかりません。
ではどうしていけばいいのか?

SNSやブログは自分のスキルを発信するのに絶好の場です。
SNSが普及した時代フォロワーの数=お金の稼ぎ力と言っても過言ではありません。

メガネ販売のオンデーズは、インフルエンサー手当があります。
Twitterのフォロワーが10,000人以上ある人には選考時も優遇されるそうです。
TwitterやInstagram、Twitter、Facebook誰もがやっているSNSを使い、
あなたの得意なことを発信すればいいです。
発信するポイントとして、今取り組んでいる事でもいいですね!

例えば、
・今日はこんなことを勉強しました
・今日はセミナーに参加します
・挑戦している姿を発信する

小さなことでも、それが学びになる人が必ずいます。教えなきゃと特別に考えなくて大丈夫です。
自分が今やっていることを書いていけば問題ありません。

またTwitterの運用の仕方については、後日に別途解説します。

江戸時代も教えて稼ぐ行為は変わらない!?

僕個人としても、教えるスキルはみんな持っていたほうがいいと思っています。
なぜなら、教える力があれば、それだけで食っていけるからです。

例えば、江戸時代にも寺子屋という学習施設がありました。
今でいう塾のようなもので、
臨海セミナーや湘南ゼミナールをイメージしてくれたらわかりやすいと思います。

江戸時代から現代になるまで、「教える」と行為は変わっていません。
リアルからオンラインになっても教えるという本質はなくならず、
人間の成長欲求がある限り、教えるスキルは必要です。

ちなみに僕は中学生時代に、
塾のテストをカンニングしたり、
男子トイレ♂と女子トイレ♀の張り紙を逆に変えたりなど、
ちょっかいを出すことが大好きでした笑

テストをカンニングするなんて!って思う方もいるのかと思います。
もちろん、先生に親や先生からめちゃくちゃ怒られました。。。
勉強習いに行くためにわざわざ塾通っているのに、
カンニングするなんて本末転倒ですね。

まとめ

これからの時代は、教えるスキルを持つことが大切です。まとめると、教えることのメリット3つあります。

  • ギブするスキルが身につく
  • 教えることで自分の学びが深まる
  • 教える力が稼ぐ力がある

そして、SNSを活用して自分のスキルを発信していきましょう。
これからもどんどん自分のスキルを情報発信して、
これから一緒に勉強して成長して行けたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください