僕の人生の原点 暗黒の中学校時代

こんにちは。
里井と申します。

僕は中学校時代いじめられていました。

いじられキャラと
いじめは紙一重だと思います。

先生から見ると、僕はいじられキャラとして見られ一見、クラスの人気者のように見えます。

ですが実際は都合の良いおもちゃの
ように扱われ、元々コミュ症の僕は
いじめられる事でしか、存在価値を見出す事が出来なかった。

毎日、嫌われないようにと
クラスの友達の顔色を伺い、
誰にでも愛想笑いをし、
自分の意見は言えず、
周りの雰囲気に合わせる。

ズボンとパンツを脱がされ、
クラスのみんなの前で全裸にされたり、
水筒にオシッコを入れられたり、

それでも怒らずに笑っていました。

なぜなら嫌われて相手にされなくなったら、居場所がなくなるから

僕は自分の存在を守るためにも
どんなひどい事をされても
笑顔でいました。

次回へつづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください